カーテンの種類カーテンの機能サイズの測り方ヒダとはお手入れ方法お問い合わせ

カーテンの種類

カーテンの種類

ドレープ
一般的な織物の厚手のカーテンで、ドレーパリーとも呼ばれます。装飾性が高く、遮光・遮蔽性、防音性、断熱性にすぐれています。
プリント
フラットな生地に絵柄をプリントしたカーテン地。美しい色柄が特長で、ドレープだけでなくボイルなどもあります。
レース
光を透過する薄手の生地で、編み物がレース、織物(平織り)の生地がボイルです。他にも、ボイルに刺繍を施したエンブロイダリーや、より光沢があるオーガンジーなどがあります。
ケース
メント
ドレープとレースの中間的なカーテン。レースよりも厚くてボリューム感があり、単品でも使用できます
 
← プリント
空間にインパクトを与えるモダンストライプのプリントカーテン。すっきりフラットなスタイルです。
ケースメント →
ざっくりとしたナチュラルな材感が魅力のケースメント。

カーテンのスタイル

カーテンのスタイル

← カフェカーテン
清楚なバラの花柄のプリント地に、ピンクのリボンをあしらったカフェカーテンです。
クロスオーバー →
緩やかなドレープが中央で豪華に重なったクロスオーバースタイル。フリルの装飾がやさしいイメージを与えてくれます。

 

 
センター
クロス
片寄せ
クロス
オーバー
あらゆる窓に対応できるベーシックなスタイル。中央から左右に開きます。 左右どちらか片方に開くスタイル。幅の狭い窓向きです。 カーテンの中央部を交差させた、装飾性を重視したスタイル。上部は遮光効果もあります。
タブ
カーテン
フラップ
アップ
セパレーツ
吊り元を共生地またはタブテープで仕上げたカジュアルなスタイル。 フラットな布を裾だけつまんでアクセントを持たせたスタイル。 小窓や出窓にやさしいリズム感を演出する可愛らしいスタイル。フリルやトリムで仕上げます。
スカラップ
カフェカーテン
アーチ型やスカラップ(貝殻)状のカッティングを施したデザインなどがあり、裾の仕上げもフリルやトリムなど多彩。 キッチンなどの窓辺演出に最適。レース地やプリント地が主流です。2段に吊れば上下別々に開閉できて実用的。

recommend

博多で味わう福岡ならではのホルモン。

博多 ホルモン

無駄な中間コストを抑え、納得の高額査定をお出ししています。

ロレックスデイトジャストの買取

羽田空港へ出かける際に便利な予約できる駐車場です

羽田空港 駐車場 予約

2018/12/6 更新