カーテンの種類カーテンの機能サイズの測り方ヒダとはお手入れ方法お問い合わせ

機能で選ぶカーテン

 日頃の生活の中で気になる事を、カーテンで解消しましょう。


< 消 臭 >
タバコ、生ゴミ、ペット等の日常の不快なニオイを消臭し、室内環境を快適に保つことが出来るカーテンです。
●加齢臭消臭・・・中高年特有の臭い「加齢臭」。臭いの原因物質「ノネナール」を化学的に吸着・分解します。
●光触媒消臭・・・光触媒反応により消臭機能を発揮します。ホルムアルデヒドやトルエン・キシレン等(VOC)や、アンモニア・硫化水素などに対して消臭効果があります。また、抗菌効果もあります。

< 防 汚 >

SR(Soil Release)加工を施すことにより、付着した汚れが落ちやすく、しかも汚れにくくなっています。
洗濯の回数が減るので、経済的にもお得な商品です。


< ホルムアルデヒド 吸着・分解 >

学校や保育園等でも問題になっている、「シックハウス症候群」の原因物質とされているホルムアルデヒドを化学的に吸着・分解し、低減していきます。カーテンひとつで3ヶ月程度で軽減します。この働きは半永久的に続きます。

< ミラーカーテン・UVカット >
外からの視線が気になる方には、日中に外から室内が見えにくいカーテン(ミラーレース等)をおすすめします。また、太陽光線をカットし、室内の冷房効果もUPさせます。さらに、紫外線(UV)カット効果もあるので、室内の日焼けを防ぎ、大事な家具も守ります。

< 防 炎 >

【燃え広がりにくいカーテン】
私達の身の回りには燃えやすい繊維製品がいっぱいあります。万一カーテンに火がついても、その部分だけが黒くこげただけで、他のものに燃え広がらなかったら、火災は最小限に抑えることができます。難燃性の糸の使用や防炎加工を施すことにより、燃えにくい性質を持たせたカーテンです。。

※消防法に基づいて、劇場、ホテル、学校、病院、地下街当不特定多数の人の集まる場所や一般住宅でも31m(11階)をこえる建物の中で使われるカーテン類等には防炎性をもたせねばならないこととなっています。さらに地域によっては地方自治団体の条例による規制が加えられています。

< 遮光性 >

外からの光を遮る効果がある遮光性カーテンです。
遮光率を基準にそれぞれ遮光1級・2級・3級とあります。
遮光性能により用途・目的に応じて選ぶことが出来ます。
西日の強いお部屋、寝室などにおすすめです。


< 高耐光 >

日差しによる変色や黄ばみが起こりにくい加工を施したカーテンです。耐光堅牢度が7級以上あります。一般品と比較し、日焼けや色あせに強く、レースの白さを保ちます。


< 遮音性 >

生地に樹脂コーティングを施すことで、未加工カーテン布と比較して遮音性能を有するカーテンです。家の外から聞こえてくる人の声など気になる騒音を大幅にカットし、また、内から外への音漏れも防ぐことが出来ます。


< 制 電 >

静電気がカーテンに発生するとホコリやゴミがつき、汚れの原因となります。制電性の糸を使用することにより、静電気の発生を大幅におさえます。


< はっ水 >

はっ水加工を施すことにより、水分をはじく機能をもたせたカーテンです。汚れも付きにくく、主にシャワーカーテンなどに使用されます。


< ウォッシャブル >

洗濯機で丸洗いしても収縮がほとんどありません。
また色あせや色落ちの心配もありません。早く乾きます。

おすすめWEBサイト 5選

ダクト清掃

Last update:2018/12/21