カーテンの種類カーテンの機能サイズの測り方ヒダとはお手入れ方法お問い合わせ

カーテンのお手入れ方法

大切なのは日頃のお手入れ


カーテンのヨゴレの原因は空気中のホコリやタバコのヤニ、手垢などです。時間がたつと落ちにくくなるので
日ごろからハタキをかけたり、ブラッシングをして汚れを取り除きましょう。

 家でのお洗濯

<必ず、カーテンに縫い付けられている取り扱い絵表示にしたがって下さい。>



洗濯機で洗濯する場合

@ 洗濯機に入れる前に、ほこりをはらって、フックを全部とります取り外します。

A たくさん入れると、かえって汚れがとれにくくなるので1枚か2枚ずつ洗います。

B 形を保つために屏風たたみをして毛布などを洗うときに使う洗濯用ネットにいれます。

C 水量は最大、水流弱。40℃以下のぬるま湯か水で洗います。

D 脱水はなるべく短く、乾燥機は使用厳禁です。

手洗いの場合

30℃以下の水で押し洗いをします。もみ洗いはシワの原因になるので避けてください。

その他は洗濯機洗いと同じです。

 参考絵表紙(取り扱い絵表示の見方)

裏側上部に「取り扱い絵表示ラベル」が縫い付けられています。洗濯の際には、
絵柄の内容をよくお確かめの上、お取り扱いください。

1.洗い方

洗濯機による洗濯ができます。水温は、40℃を限度とし、弱水流または弱い手洗いを行ってください。 水洗いはできません。 洗濯機は使用できません。水温は、30℃を限度とし、弱い手洗いを行ってください。

 2.塩素漂白の可否

塩素系漂白剤による漂白ができます。 塩素系漂白剤による漂白はできません。

 3.アイロンの温度

アイロンは高温(180〜210℃)でかけるのが適切です。ただし、210℃を限度とします。 アイロンがけはできません。 アイロンは中温(140〜160℃)でかけるのが適切です。ただし、160℃を限度とします。
アイロンはあて布をしてください。 アイロンは低温(80〜120℃)でかけるのが適切です。ただし、120℃を限度とします。

 4.ドライクリーニング

ドライクリーニングができます。 ドライクリーニングはできません。 ドライクリーニングができます。溶剤は石油系のものを使用してください。

 5.絞り方・干し方

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞ってください。 絞ってはいけません。 日陰の吊り干しをしてください。

注目サイト


ゴミ屋敷を千葉で掃除


2019/3/8 更新